tohokurw

記事一覧(83)

自分REST@RT

ご無沙汰してました、M1の中川です。今日から学会で福岡に行ってきます。ブログを書くのは実に半年ぶりですね。気がついたら部活に行かなくなって4ヶ月くらい経ってました。近況報告も兼ねて、部活に来なくなった僕が4ヶ月何をしていたのかを書こうと思います。面白くはないです。【10月】個人戦があり、目標どおり大会新で優勝できました。6月からまともに練習積めてなかったですが、腐っても43分台で歩けることができてよかったです。実は6月以降、研究の本格化のみならず気持ちの面でも陸上に向かわなくなっている部分がありました。そういった経緯もあり、個人戦が終わったらいったん陸上を休もうと思っていました。こうして部活に行かなくなり始めます。【11月】10月から研究室に超絶美女留学生がやってきて、研究室の男どもは口にこそ出さないものの鼻息が荒くなりました。僕にとっても綺麗な方が研究室にいてテンションが下がるということはありませんし、彼女と話せればスピーキングの練習になる!という気持ちもあって、いいことづくめでした(無駄に紳士ぶる)。そう思っていた矢先、研究室でのゼミ発表が、日本語を話せない彼女のために全て英語になりました。僕は泡を吹きました。発表、スライド、質問、全て英語。重い。重すぎる。準備が今までより3倍ぐらいかかるようになりました。【12月】12月に入る手前ぐらいのミーティングのことです。助教が突然「おいタケシ、学会に論文出そうぜ!」と陽気なノリで提案してきました。学会?分野を変えて1年も経ってないのにこいつは何を言ってるんだ?そう思いましたが、敷居が低い学会だの分量が少ないだのM2までのステップだのいろいろ宣伝されて、ホイホイついていってしまいました。誘いに乗ったものの、提出が1月中旬とのこと。それまでにプログラムを書いて、回して、分析結果を出し、論文を書く、というのは今から思えばかなり過密でした。おまけに12月には学科の人に自分の研究の基礎知識を90分講義するとかいう謎の研修があり、それの準備と先述の英語ミーティングの準備が並行して、全く余裕がなくなりました。プログラムはエラー出まくりで完成しないし、謎研修では隣の研究室の教授から「君のやっていることは研究じゃない」とコメントを受けメンタルを粉々にされ、毎日終電で家に帰り、冬休みに入っても論文執筆に時間を食われ、気がつけば僕の心の拠り所は"Fate Grand Order"だけになっていました。【やらかす】冬休みに突入し帰省したものの、データを解析するためのプログラムが完成してなかったので実家で作業する羽目になりました。これが現代社会の闇。在宅勤務!いつでもどこでも自由に働ける!ノー残業!なんて耳当たりのいいこと言ってる会社の実態がこれなんだろうな。などと考えていたら、束の間の休息で地元の友達と旅行に行く日が来ました。とても楽しみにしていた旅行で、一泊二日はしゃぎました。雪の混じる鳥取砂丘はエモかった。ところがこの旅行のシメの忘年会で僕はついに力尽きました。6800円飲み放題食べ放題の焼肉が準備され、宴を始めようとした矢先、"ヴッッ"息ができなくなってその場に倒れました。僕は人生終わったと思いました。よくわからんけどこのまま死ぬんだろうなと思うとどうしようもなく怖かったです。この日が人生初救急車でした。まぁ、搬送された頃には状態が落ち着いてたのですが。ただでさえ学業のストレスで体力を奪われた中はしゃいだせいで、過呼吸を引き起こしたのだろうという診断でした。6800円の晩飯はおじゃんになり、友達には心配をかけ、本当にいたたまれなくなりました。【耐える】1月に入っても動悸が時々出て不安だらけでしたが、これはタスクを終えないと治らないと思い、必死でかじりつきました(箱根駅伝だけは譲らず見た)。気持ち悪さと戦いながらなんとか拙い論文を完成させ、開放感も束の間に鬼の期末レポートラッシュへ。しかし院から専攻を変えた僕にとっては普通の授業でさえヘビーで、課題ひとつひとつがキャパオーバーでした。7つのレポートを終わらせるのに休みほぼなしで2週間かかり、ようやく僕は解放されました。【代償】体は正直で、無理をした分のツケが回ってきました。レポートを終えてすぐにインフルエンザにかかりました。まぁそれはすぐ治ったのですが、インフルエンザが終わっても年末以降続いている自律神経失調症で、夜寝れない、朝起きれない、咳が止まらない、胸が痛い、鼻がつまる、動悸がするなどの症状が出ています(まだ完治してません)。【復活…?】というわけで、4ヶ月間学問の闇に揉まれて、自分には学問が向いてないことがわかりました。研究始めたての頃は「面白いやん!これDもアリじゃね?」なんて考えていたのですが、想像の346倍はシビアでした。早く就職したいです。競技について。昨年の秋は本当に辞めようかと思いました。それは中学から毎年記録を伸ばしてきた僕にとって、記録を伸ばすことこそが陸上競技の醍醐味であり、結果が出せなければやる意味もないし楽しくないと考えていたからです。でも4ヶ月離れてみて、自分の11年間の陸上生活を振り返ってみて、もう自分の結果とかプライドとかそういうものだけでは辞められないくらいに陸上に関わっているのだということに気づきました。なので、今しばらくは陸上に関わるのが楽しいから、という理由で続けていこうと思います。不思議なことに、研究が忙しければ忙しいほど、逃げるようにjogしていました。おかげさまでまだキロ5くらいでは歩けると思います。ちなみにこの間実家で5000T.T.したら24'42でした。まずはまひろちゃんやただすけ、もぉりぃと一緒に練習するところから始めていこうと思います。長くなりましたが以上です。次はもっと楽しい話題を書こうと思います。

日本選手権ワイより後ろでゴールした奴おる??

ちな宮廷wwwwwあ、どうも寺島です。日本選手権最下位でした。とりあえず5㎞ごとのラップあげますね。21’08→42’37(21’29)→1°05’35(22'58)→1°42’06(36’31)見ての通り後半は 大☆爆☆死です☆もともと練習を積めていなかったので前半の10㎞を42’30で通過して、そこから14㎞くらいまでなんとか刻もうと考えていました。しかし、8㎞時点で僕のいた集団のペースが4’20くらいまで落ちはじめ、なんとかそこからの2㎞を上げたものの、残り10mでタイマーは42’30!!はい!おしまい!!!!!!!!ここから14まで刻めば20㎞で97分のB標準いけるやろw、とか思ってたんですけどね。12㎞でハムが張ってペースダウン。15㎞の時点でキロ5くらいまで落ちてました。もうそこからは地獄でしたよ。両ハムつりそうだし、身体も冷えるし、一回抜いた選手には抜かれまくるし、なんなら女子にもついていけねえし。応援していただいてるのでなんとか完歩だけはしなければという思いだけで歩ききりました。キロ7になってる時点でやめるべきだったんでしょうけど。折り返しコースなので後ろがいるのかくらいは判断でき、ラスト2キロの時点でまだ後ろに選手がいたので、まあ俺が最後じゃないし運営に迷惑かけないだろって思ってたんです。ラスト500mでぬかされて殿になりました。(僕の後ろのまだ人はいたんですけど、周回ミスですでにゴールしている選手でした)総評:んぴゃ前半突っ込んだのと距離を踏めていなかったのがもろに出ましたね。精神的な充実だけでは肉体疲労には勝てないことも再確認できました。(Radio Happyとクレイジークレイジーだけじゃどうにもならねぇ)来年はしっかり調整してリベンジします。応援・サポートしていただいたみなさん、ありがとうございました!p.s.ハムストリングスは肉離れ寸前らしいのでしっかりやすみます。

春休みはゆっくりしたい〜

おはようございます☀免許合宿にむけて山形に向かっております。1年の青木です。先日は神戸の六甲アイランドで行われた日本選手権に出場してきましたので、ここで少し反省をしておこうと思います。12月の国士舘大学記録会で標準を切って出場を決めたわけなのですが、今思えばあの時が調子が一番よかったときだったような、、。言い訳がましいですが。年明けからは各所の痛みをごまかしながらつなぎつなぎで練習をしてきたので、疲労もたまり、なんとか日本選手権を乗り切らなければ、という感じでした。慢性的なケガのせいで練習浪費みたいになってたと思います。モチベーションも高く保てず、練習をしっかりできたという感覚がまったくなかったので、自信もなく不安な状態でレースに挑みました。10キロまでは意地でもいこう、そのあとは足の状態を見て考えよう、くらいのラフなレースプランでした。さすがに日本選手権なのでキロ6で歩くような人はいなくて、最後尾でひとり歩くかたちになりました。だんだん足が痛み出して途中でこのままレースを続けるとあまり良くないなと考えて棄権しました。今回は練習不足、準備不足で満足のいく結果を出せませんでしたが、これも今の自分の実力と受け止めて、今後は東北インカレ等に向けてケガを治しながら少しずつ練習をして、調子をあげていければいいなと思ってます!あと、わたしは長い距離に弱すぎるので、来年の日本選手権でリベンジできるように距離練を意識的にやっていきたいです~現地まで応援とサポートに来てくださった先輩方や応援してくださったみなさんには本当に感謝しています。ありがとうございました!そういえば、わたしは2年前にも神戸に行って歩いているんですが、その時は時間が無くてまったく観光をしないで帰ってしまったんです。今回は神戸観光をできておいしいものを食べてといろいろ楽しめたのでよかったです〜春休みは免許とって実家に帰ってゆっくりしたりあそんだりしながら過ごします( ̄∇ ̄)

一般男性とは・・・

元人気アイドルグループの総選挙一桁順位、現在は声優で人気コンテンツにも出演中の女性と結婚できる、「一般男性」って何者なんですかね。僕もその一般男性になりたいので就職先をいろいろ考えていきたいです。寺島。二週間以上更新がなかったわけですが、その間もちゃんと活動してましたよ!ってことをお伝えすべく筆を執った次第です。この二週間、本メニューは基本的にPWとビルドアップばかりだったのですが、私を含め、メンバー全員ケガやら復帰明けやらで、みんなストロールか、ちょっとメニューかじって終わりといった状況でした。メニューが完全に形骸化してましたね・・・しまいにはトラックも凍結し、練習がまともにできなくなってしまっていました。(あれ、ちゃんと活動してたって言えるのかこれ?・・・)来週以降は午前中に練習を行うので凍結は免れる分、もう少しまともに練習できるかなあ、と思っております。さて、テラシマの個人的な状態はといいますと、脛と足首を負傷しており、一月のメニュー消化率が30%ほどと、かなりひどい有様です。整体の先生に「寺島くんの脛の筋肉の繊維ブチンブチンって感じ」とまで言われました。ぶっちゃけやばいです。神戸まであと二週間ほどしかありませんが、やれるだけの準備はします。明日の練習もとりあえずがんばろーっと(●・▽・●) おわりだよ~

Здравствуйте!

好きなロシア人選手はイシンバエワ、寺島です。陸上選手に限定しない場合はストリートファイターのザンギエフが好きです。USSR!ワールドワイドなブログを目指して今回はロシア語のタイトルになりました。意味はこんにちは!です。なぜロシア語なのかの理由は後程。(別に深い理由ではないです笑)正月は首を寝違えて全く動けなかった寺島、火曜日が本格的練習初めでした。一週間まるまる練習しなかった結果、4’50で8000が限界でした。足首も痛ぇ・・・んでもって木曜。火曜はまともにこなせなかった分、ここはしっかり積んどこう、とはりきって8+4+2をやりました。ペースは4’50→4’40→4’20でレストは1分くらい。序盤はかなり余裕があったんですがラストは結構しんどかったですね・・・そして本題の土曜日。実はこの日は成人式で帰省中の東大のあぐりくんが練習に参加してくれました!なんでもあぐりくん、ロシア語を選択しているとのこと。うちの前々PCもロシア語選択だし、ウォーカーはロシア語すきなの・・・?ってなわけで今回のブログの入りがロシア語だったのです。メニューは20㎞だったのですが、平均5’20くらいのゆっくりめなペースでしっかり距離を踏みました。(なお寺島は足首の痛みで16㎞でリタイア・・・)やはり隣に他大の後輩がいると気合いが入るといいますか、いつもよりやる気が出ますよね!なにより同じペースで距離練を行う人がいることが久しぶりだったので、かなり楽しく練習できました~さてさて、そんなあぐりくんも出場する日本選手権まであと一か月ちょいになりました。わがチームからは、わたくし寺島と中川さん、そして12月の国士館で標準を切ったまひろちゃんが出場します。大会までケガなく、しっかり練習をつんでいきたいと思います!っとその前にテストの山があるのでそれをどうにかしなければ・・・・それでは今日はこのへんで!

CCさくら展行って来ました

こにゃにゃちはー!毎度お馴染み寺島です。タイトル通り、土曜日は六本木の森アーツセンターギャラリーで行われております、カードキャプターさくら展に行って来ました!「さくら展入場まで50分待ち」というプラカードを入り口で見て、夢の国のアトラクションかよ…とか思いつつチケットを購入。待機列には、なかよしで育ったであろうお姉さま方が多かったのですが、僕のように一人で参加している成人男性やカップルもわりといて、20年間愛されてきた作品だけあるなぁと実感しました。中に入るとまずは、ミッツ・マングローブやあさのあつこをはじめとした各界の著名人たちからのコメントをまとめた巨大な本達(クロウカードを見つけた始まりの書庫をイメージ)がお出迎えしてくれました!そこからケロちゃん(CCさくらのマスコットキャラ)による美術館の説明を聞き、カードの魔法にちなんださまざまな展示をまわりました。200点以上の原画が並ぶ迷の間、知世のアトリエをイメージしてさくらの衣装が展示される包囲の間、そしてクロウカード、さくらカード、クリアカードが飾られたカードの間の3つは特に素晴らしく、作品の世界観と魅力に引きこまれした!カードキャプターさくら展は1/3まで開催されていますので皆さんも足を運んでみてはいかがてしょうか?…後輩二人が国士舘について書いてるのに何故僕は関係ないことを書いているのかと聞かれれば、記録が残らなかったからですね。そもそも参加したこともなかったことにしようかとおもってます…嘘です反省かきます。結果はDQ3(膝、浮き、浮き)でした。4'17→4'05→4'09→4'09→4'13(20'55)4'14→4'16→4'19→4'23→2'52 (止め忘れ。恐らく2'36くらい) タイムからわかる通り、まわりの1000の入りが遅かったため、焦って2000でペースを上げすぎ、膝と浮きを注意され、4000で膝の警告。そこから少し押さえたものの修正できずに6000まで歩いた結果二枚目の警告が出ました。このままではまずいと思い、4'20まで落として42'30ギリギリを目指したのですが、途中でペースを落としすぎたことに気付いてペースを少し上げた結果、浮きを取られてラスト一周で失格しました。B標切りが見えてただけにかなり悔しいです。やはり前半は突っ込み過ぎましたね。序盤から審判に走ってるイメージをつけてしまったのもいけなかった。後半はかなり余裕を持って意図的にペースを落として歩いたので不完全燃焼感半端ねぇっす。日本選手権までにもう一度フォームを見直す機会が与えられたと、プラスに捉えていきたいと思います。次こそは標準切るぞぉ~

反省文

国士舘大記録会を終えて、帰りのバスに揺られています。1年山岸です。記録会に出場したメンバーの中では最も練習を積めていたはずでしたが、足の痙攣のためDNFに終わりました、、、最低でも50分を切れなければ反省文、と決まっていたので、タイトル通り記録会の反省をします。男女合同の10000mW1組目。序盤4000mはキロ5の集団で体力温存。途中からキロ4’50で7000m過ぎまで引っ張りましたが、足がつり、ペースダウン。最後は足が痙攣して動かなくなり8000mあたりで棄権。足の痙攣でまず考えられるのは、給水不足。涼しい気候とはいえ、レース中に給水を取らなかったのは今回の記録会で1番の失敗でした。そしてレースプラン。ここ最近の練習の調子から、キロ4’50、トータル48〜49分で歩こうと考えてました。が、序盤からひとりで歩くのを恐れて、想定よりペースの遅い集団にいたのは甘えでした。結局途中から集団の先頭に出てペースアップしたうえ、アクシデントが起こるまではかなり余裕があっただけに、余計に悔しさが残ります。今シーズン、同世代の仲間が記録を伸ばす中、夏場まで受験期のブランクを埋めるのに苦労し、トラックでは満足のいく記録が残せませんでした。ぼくはこの記録会で一区切りですが、ひとり置いてかれないように練習に精を出していきます!バスの外も暗くなったのでこの辺で失礼します。おやすみなさい…

1年って意外と短い

お久しぶりです、1年のあおきです。今年ももう少しで終わりますね。去年の今ごろ必死こいて勉強してたのを思うとなんだか信じられない気がします。1年後にガチの陸上やってる自分なんて想像できなかったです。今は今週末に国士舘大学記録会に出るので東京に向かっている最中です。東京はあったかいと願ってます、仙台の冬さむすぎ~⛄PCから「ブログ書こう〜?」って言われたので今回の記録会の目標を書いときます!2つあります!まずは52分ぎり、日本選手権の標準突破です。もっと早いとこ記録を出してこの目標はクリアしているはずだったんですが、今シーズンは怪我がちでせっかくの全カレも27大もDNS、個人選は目標設定が低くて微妙なタイム、わりと意気込んでた高畠は距離を踏んでないせいで後半で爆死…。こんな感じで秋シーズンからは全然練習できなくてモチベーションも下がり気味でした。今年最後のレースだしビシッと決めてきたいとこですね、ほんとに。そしてもう1つは、怪我をしないこと、悪化させないこと。怪我をすると毎回思うのが、試合に出れることが当たり前じゃないってことです。自分自身のコンディショニングだけじゃなくて練習を一緒にする仲間とか応援してくれる人とか目標とか、いろいろな要素があってスタートラインに立てる自分がいるんじゃないかなって思ってます。だからこそレースで無理して怪我しないように気をつけたいです。わたしにはそういうことありがちなので…いろいろ書いたけどとにかく楽しんでレースして結果が出ればいいかな、、、日本選手権は思い入れのある大会なので2月に神戸で歩けるようにがんばりまーす!